A05

ステンドグラスと思い出

色を塗ることにこだわりがある私は絵を書くことを思いつき、花と絵を組み合わせることで、今までにない作品ができ、面白い!と思えた。

 絵の題材は故郷の三八城公園、寺下観音、葦毛崎展望台からの風景、静岡県の楽寿園、クレマチスの丘、掛川花鳥園。青森県、静岡県で出会った場所を描き、花と組み合わせることで楽しい思い出を表現した。他県出身の私は、初めて静岡県に来た際に訪れた、掛川ステンドグラス美術館の作品からイメージをした。

絵の上からニスを塗ることでガラスの光沢感、染色を行った菊や薔薇はステンドグラスの色を表し、絵と花に一体感を持せた。

 この作品を通して、今までたくさんの場所を知り、家族との楽しい思い出が出来たことに対して、感謝の気持ちを伝えたい。そして、見てくださった方が明るく、楽しい気持ちになっていただければ幸いである。

花材:キク/バラ/デンファレ/カスミソウ/デルフィニウム/アイビー/ミリオグラタス/ポリシャツ/ゼラニウム

造形素材:キャンバス/アクリルガッシュ/ニス/毛糸 

サイズ:縦1800×横600(㎜)

ポートフォリオ

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

One thought on “A19003

  1. 素敵な思い出が沢山できたことが伝わる作品だと思いました。色とりどりに塗られたステンドグラスの思い出を華が喜んでくれてるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。