A03

植物の生命力

草花が様々な方向へ自由に伸びていく様を表現した。
根付きの植物や動きの多い植物を使うことでより生命力あふれる作品になるよう工夫した。土台はお茶の木を使い、植物を陰で支えていた根にスポットライトを当てた。
自然淘汰されながら変化をし成長を遂げてきた植物たち、そんな姿を見て、私も変化を恐れず進化し続けたいと思いこの作品を作った。
作品名である「grow」は植物が大きく育っていく様子と、自分がこれからもっと成長していきたいという思いを合わせた。
植物はゆっくりと、しかし確実に成長していく。私もどんなに時間がかかっても着実に成長していけたらと思う。

花材:ラナンキュラス/アリッサム/ローダンセマム/タイム/ウスネオイデス/ハナカンザシ/ノースポール

造形素材:枯れ木(お茶)/バークチップ/ミズゴケ/ステンレス/プラスチック

サイズ:縦1600×横1000×奥行1000

ポートフォリオ

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

One thought on “A19004

  1. 普段目にすることがない根っ子、それでも無くてはならない植物の源。その美しさは努力として花が咲いてくれること。この学校で植物から教わることは多かったと思います。その努力はきっと素敵な花となることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です