A01

本当に美しいものとは

普段から「生と死」について考える。

全体テーマの「未来・幻想・変化」の中から「変化」に着目した。
近年、ドライフラワーが注目されている。もちろん私自身もドライフラワーは好きで、お洒落として自分の部屋にも飾ってある。

だがよく考えてほしい。

ドライフラワーは、花を枯らす、花を生きたまま吊るす、という行為をしている。私はこれをすごく残酷なことをしていると感じた。植物を殺しているのではないかと。そしてそれを私たちは何とも思っていないのではないかと。

ドライフラワーをお洒落だと思う時代の変化が、良い変化だったのか、良くない変化だったのか、本当に美しいものとは何なのか、生花とドライフラワーを見比べられる自分のこの作品をきっかけに、多くの人に考えてもらいたい。

土台は、無機質な人の心を表した。これは、ドライフラワーという概念を一度無くし、無の状態で物事を考えてほしいという意だ。

花材:バラ/スイートピー/ハイブリッドスターチス/ヒペリカム/グラスペディア/サンゴミズキ/レザーファン/ドライフラワー

造形素材:木材

サイズ:幅900mm × 高さ1500mm

  • ドライフラワー
  • 生花

ポートフォリオ

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

3 thoughts on “A19008

  1. 表現がとても素敵で生と死について考えさせられる作品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。