G53

映画×ご飯

30年ほど前、家族が一緒に食事をしていた回数は、1年のうち700~800回と言われていました。
今では、その半分以下の300回程度まで減少している家庭も出てきました。
会話が少ないので、コミュニケーション能力やマナーも身につけられません。
様々な「こ食」を加速させる原因にもなってしまいます。

気になって映画を観ることで時代背景などが学べたり、映画という共通の話題、誰かと会話をしながら食事をしたり、実際に作ってみたり…。
様々な『こ食』の解決のきっかけになりますように。

A5 8ページ

  • 君と一緒にご飯が観たい
  • キャプション2
  • 君と一緒にご飯が観たい
  • 君と一緒にご飯が観たい

PDF作品

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

作品解説

作品の企画趣旨や解説等がご覧いただけます。

展示ブース

One thought on “G18011

  1. 面白い発想ですね。映画を見ていながら食べ物に特化して説明されていてメインストーリーが変わってしまいました。食べ物好きな方には良いかもしれませんね。そうでない人にも話題にはなりそうで楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です